池尻のマンション、池尻大橋のマンション、三宿のマンション、三軒茶屋のマンション、目黒、渋谷、世田谷などの不動産の賃貸・仲介・売買・管理。行動できる人材を募集。

サイトマップ       SGのつぶやき              お問合せ

掲載経過により、表現や数値等に差異がありますので、内容はあくまで参考で、詳細はご相談ください。
※※※
1. 土地の評価

(1)土地の評価上の区分

     土地は、原則地目の別に評価します。
     また、地目は、
課税時の現況により判定します。

(2)地積

     地積は、課税時期の実際の面積によります。

(3)宅地の評価単位

① 宅地の価額は、1筆単位で評価するのではなく、利用の単位となっている1区画の宅地ごとに評価します。 尚、贈与、遺産分割等によって宅地の分割が行われた場合には、原則として、分割後の画地を1画地の宅地として評価します。1画地の宅地の例をあげると、次の通りです。

イ、 所有する宅地を自ら使用している場合には、居住用宅地か事業業宅地かにかかわらず、その全体を1画地の宅地とします。
ロ、 所有する宅地の一部について借地権を設定させ、他の部分を貸家の敷地の用に供している場合には、それぞれの部分を1画地の宅地とします。
ハ、 所有する宅地の一部について借地権を設定させ、他の部分を自己が使用している場合には、それぞれの部分を1画地の宅地とします。
ニ、 借地権の目的となっている宅地を評価する場合において、貸付地が複数であるときには、同一人に貸し付けられている部分ごとに1画地の宅地とします。
ホ、 貸家建付値を評価する場合において、貸家が数棟あるときには、原則として、各棟の敷地ごとに1画地とします。

② 宅地の価額は、贈与、遺産分割等による宅地の分割が親族間等で行われ、その分割が著しく不合理であると認められた時は、所有者単位で評価するのではなく、その分割前の画地を「1画地の宅地」として評価します。


土地の評価 目次 へ